東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2013年08月04日

ザンネンさんの思考回路




俺はイチローのようになりたい。
でも、素振りはしたくない。


w(*゚o゚*)w



パスワード担任:平本



posted by 学力会 at 01:00| デキる生徒・デキない生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

正しい努力のしかた




それは、
手持ちのエネルギー(戦力)を
得たい結果のために集中させること。


これにつきると思います。



いい気分(温泉)歴史からの教訓

米軍のタラワ攻略の長期化。

日本兵の頑強な抵抗にあい
予想以上の損害を出した。

⇒兵力の一斉投入をせず、随時投入をしたため

この戦いに学んだ米海軍は、
島の攻略には兵力の一斉投入をはかるようになる。

例⇒硫黄島、沖縄

(まさにランチェスターの第二法則!
 :残存兵数は優勢兵力数の2乗から、
 劣性兵力数の2乗をマイナスした値の平方根)



タラワ、マキンの戦い―海軍陸戦隊ギルバート戦記
タラワ、マキンの戦い―海軍陸戦隊ギルバート戦記




得たい結果のために集中させること。
これはイコール「捨てるものを決める」ことでもあります。


いい気分(温泉)簡単な予想問題

手持ちのエネルギーが「10」の受験生、
どちらのパターンの生活をしたほうが
より合格の可能性が高まるでしょう?


【Aパターンの生活】
受験勉強:9
休憩:1


【Bパターンの生活】
受験勉強:4
ゲーム:2
ネット:2
テレビ:2


答えは言わずもがなですよね?


夏に【Bパターン】の受験生、
あなたはそうとうヤバいexclamation×2


パスワード担任:平本



posted by 学力会 at 01:00| デキる生徒・デキない生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

合格した人の共通点



彼ら彼女らは
行動がストップしなかった。

行動がストップしないと?
⇒必ず何かを学ぶ。しかも毎日

だから、毎日SRに通っていた。

同じ時間にやってきて、
同じ時間に帰宅。

これを淡々と繰り返していた。

だから私は
「毎日SRに来い」
というのです。

最初はカタチからでもいいから、
まずは「合格した人」の行動習慣から真似ましょう、
ということだね。


行動が習慣化されれば、
意識も少しずつ変わってきますから。


これがまず合格への最初の第一歩。

シンプルでしょ?
カンタンでしょ?


もちろん大学受験は、
シンプルじゃないし、
カンタンでもありません。


だからこそ。
シンプルな行動を習慣化できないようでは、
この先に立ちはだかる、
もっと大変なことに対処出来るかどうか「?」なのです。


継続は力なりといいますが、
反復は心の中に力強い「芯」のようなものを形成します。


毎年、年末になると志望校を下方修正したり
「来年頑張ろう」と諦めモードにはいる受験生が多いようですが
(さいわい学力会にはそのような生徒はいませんでした)
いわゆる「心が折れた」状態ですよね?


しかし継続&反復で育まれた心の中の「芯」は、
この時期になっても折れることはありません。


この「芯」を形成するのが、まさに今。
夏休みなのです。


反復・継続を貫く夏か。
ノンベンダラリな夏か。

選択、行動するのはキミ次第。

夏の過ごし方わからない人は、
面談の申し込み、、、をしていると、
来週まで予約が埋まっている可能性があるから、
担任クラスに出席してください。


まだ数人ほど、夏期講習の相談をしていない生徒もいますが、
来週から始まるんだよ?
どーすんの?

早く相談にいらっしゃい。

他の生徒と面談中に突然来られても対応できませんので、
やはり、担任クラスに出席してもらうか、
受付か担任アシスタント
に私の手が空いた瞬間に
声をかける段取りを取りはからってもらうも吉。


特に本日は、午後から夜まで予定ビッシリなので、
そうしてもらえたほうが有り難いです。


パスワード担任:平本




posted by 学力会 at 01:00| デキる生徒・デキない生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

俺はやるときはやるぜ!←本当に?



もちろん例外はありますが、
あくまで一般的な傾向として、
成績が残念な生徒ほど
セルフイメージが高いような気がします。

俺が本気出せばなんとかなる

みたいな。


あと、自分の力を過大評価しすぎな気も。

自力でなんとかやれるさ

みたいな。


いままで
本気だしてなんとかなったことって何回ぐらいある?

自力でなんとかなったことって何回ぐらいある?

おもに勉強面において。


それはまだだけど、自分の実力は未知数だからこれからさ
と未来の自分に期待するのは結構だけど、
では、あなたの可能性と
やればできる実力とやらを
測ってさしあげましょう。


今週末の土日は、
12時間勉強してみてください(・∀・)b


何をやればいいか分からない人は、
課題と計画立ててあげます。
私のところに来てください。


たった2日だよん(・∀・)b
しかも、たった12時間だし。
(うちの某チューターは現役時代、休日は13時間以上勉強してました)


これぐらいが出来なければ、
君の「やれば出来る」の「出来る」のスペックは相当低いと
思ったほうが良いでしょう┐(´д`)┌ザンネン


もちろん、目指す大学や学部も人それぞれで違うでしょうから、
全員が全員、休日に10時間以上勉強する必要はないかもしれません。


でも、「やってる人は、それぐらいやっている」
という認識ぐらいは持って欲しいです。


また、近い将来、「それぐらいやっている人」と、
同じ大学の入学試験を受ける可能性もあるかもしれないということは肝に銘じておいて欲しいです。


さらに、気軽に合格合格と言ってるかもしれないけれども、
合格という2文字を享受することが許されるのは、
これぐらい努力した人だということも知ってほしいのです。


我々は毎年、合格した受験生を見ています。
つまり、彼らの努力の量を知っています。

その立場から本音を言わせてもらえば、
努力もせずに気軽に「合格したい」なんて脳天気なことよく言ってられるな〜と思います。


だって、働かないでブラブラ遊んでばかりいるオッサンが「ああ金欲しいな〜」と言っていたら、あなたどう思います?
「だったら働けよ!」
と思いません?┐(´д`)┌


それでもあなたは、
なにもしないで、「おれはやるぜ」と嘯き続けますか?


パスワード担任:平本


posted by 学力会 at 16:17| デキる生徒・デキない生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

休憩時間に注意




勉強の合間の休憩時間。
これ、結構重要です。

私もいまだに陥りがちなのですが、
大きなことをやり終えた後の休憩時間ってついつい長くなってしまいがちです。


その休憩時間に、
マンガに手が伸びると、
⇒夢中になって全巻読んでしまい
⇒1日が終わる


テレビをつけると
⇒夢中になって次の番組も見てしまい
⇒1日が終わる


ゲームをはじめると
⇒夢中になって終わらせるタイミングを逸し
⇒1日が終わる


疲れたからといって仮眠をとると
⇒熟睡してしまい
⇒気付けば翌日


このような経験をお持ちの方、少なくないのでは?


問題集や参考書をたくさんやって、
「よし、一息いれよう!」


これは良いことです。
やはりリフレッシュは必要ですから。


でも、「一息」でいいんです。

心も身体も活動モードになっていますから。

しかし、「一息」が「二息」や「五息」になると、せっかく暖まっていたたエンジンが冷めてしまいます。

そうはならないように心がけるだけでも、ずいぶんと1日のパフォーマンス量って違ってきます。
これが毎日続くと、とてつもない量を知らず知らずにこなせています。

頑張った後の休憩も必要ですが、あまり休憩は取りすぎず、間髪入れずに他の教科にジャンプできるだけの心の身軽さを持ってください。


自宅だとこれがなかなか難しいんですよね。
誘惑が多いから。
テレビもゲームもパソコンも本もあるから。


だからこそ、
学力会の生徒はSRを活用して欲しいのです。


SRで勉強をしていて、ちょっと一息つこうと思っても、
周囲を見渡しても遊び道具はありません。
せいぜい、1階にコンビニがある程度です。
あとは、駅前にヨドバシカメラがあるぐらいです。

だから、勉強せざるをえない。
SRを利用しまくっている生徒ほど合格率が高いのは、このことと無関係ではありません。

やはり勉強の量や質を向上させるためには、やる気も大事ですが、それを持続させ結果を生み出すための環境も大事です。
学力会のSRは、まさに受験生にとっては最適な「環境」なのです。


パスワード担任:平本




posted by 学力会 at 01:00| デキる生徒・デキない生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする