東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2015年12月03日

化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)



最難関大の理系学部(国立医学部など)の志望者は知っているでしょう!!



化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ) を!!



▼化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)
化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ) -
化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ) -


最難関大の理系学部(国立医学部など)の志望者向けの、理解本です!!



れっつ、チャレンジ!!




学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:サッカーとにかく生徒想いな松田
posted by 学力会 at 00:00| 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

新理系の化学問題100選 (駿台受験シリーズ)



最難関大の理系学部(国立医学部など)の志望者は知っているでしょう!!



新理系の化学問題100選 (駿台受験シリーズ) を!!



▼新理系の化学問題100選
新理系の化学問題100選 (駿台受験シリーズ) -
新理系の化学問題100選 (駿台受験シリーズ) -


「化学」が得意で、「化学」で点数を稼ぎたいという人向けの問題集でしょう!



全てマスターすれば、満点も狙えます!!



これは、オススメ!!




学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:サッカーとにかく生徒想いな松田
posted by 学力会 at 00:00| 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

化学基礎が苦手な人は、この参考書を使いましょう!

化学基礎が苦手な人はけっこう多いです。


そして、苦手な人に理由を聞くと、
「高校の先生の説明が分かりにくい」
「化学が苦手なので、先生が何を言っているか分からない」

という感じで、授業をまともに理解できていない生徒が圧倒的です。


この場合、授業を理解できるようになるには2つの方法があります。

@理解できるレベル(中学レベル)からやり直す
Aわかりやすい参考書を見ながら、授業を聞く(学習を進める)

です。


しかし、@の方法では時間がかかりすぎてしまいます。

そのため、Aのようにわかりやすい参考書を見ながら、授業を聞いたり、自習を進めることをオススメしています。
(ただし、受験で化学を使う人は@とAの両方やるのが理想です)

参考書としてオススメなのは、


定期テスト対策 化学基礎の点数が面白いほどとれる本

定期テスト対策 化学基礎の点数が面白いほどとれる本

  • 作者: 犬塚 壮志
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本



や、


高校とってもやさしい化学基礎

高校とってもやさしい化学基礎

  • 作者: 柿澤 壽
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2012/09/06
  • メディア: 単行本



あたりです。


「学校の授業に持って行ったら、先生に怒られるだろうなあ」
と考える人も多いと思いますが、

先生に、「それはなんだ?」と言われたら、
「先生、先生の授業をちゃんと理解しようと授業を聞いてるんですが、自分の基礎学力がないせいで十分に理解することができないんです。先生の授業についていくために、この参考書を使っているんです。どうか、お見逃しください。」といえば、許してくれる先生は多いでしょう。


化学に限らず、授業を聞いていても9〜10割わからなくてチンプンカンプンでは、SRで、チューターの先生に質問するにも分からないことが分からないので、質問しづらいですし、理解するのにも時間がかかってしまいます。

しかし、自分がわかりやすい参考書を使えば、だいたい7〜8割は理解できるようになりますから、疑問点を2〜3割くらいに限定することができます。

こうしたほうがSRで、チューターの先生に質問しやすいですし、理解に時間もかかりません。



ぜひ、この勉強法を試してみてください!




担任:[サッカー]keep 松田 to oneself(松田を人に話さないでおく)
posted by 学力会 at 15:28| 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

勉強法革命!化学が苦手なキミへ

化学が苦手という生徒が多く、特に学校の先生の教え方がヘタで嫌いになってしまったという生徒が目立ちます。

そこで、化学が苦手な人にオススメの参考書を紹介しておきましょう。


▼岡野の化学をはじめからていねいに
岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編) (東進ブックス―気鋭の講師)

岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編) (東進ブックス―気鋭の講師)

  • 作者: 岡野 雅司
  • 出版社/メーカー: ナガセ
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本




「もっと分かりやすく化学を学びたいっ!」と思っている人におすすめしたい参考書です。

学校の授業が分かりづらければ、この参考書を片手に授業を聞けば、理解のしやすさは格段に違ってくるでしょう。


また、その知識ちゃんと定着させたいという人には

▼らくらくマスター化学I・II

らくらくマスター化学I・II―新課程対応 (河合塾SERIES)

らくらくマスター化学I・II―新課程対応 (河合塾SERIES)

  • 作者: 生田 泰朗
  • 出版社/メーカー: 河合出版
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本



がオススメです。あの「セミナー」よりも分かりやすく復習ができると評判です。


化学を難しく感じている人ほど、わかり易いイメージから化学を導入することが肝心。

なにしろ化学には、「あ」で始まる化学用語だけでも、


アート錯体
Ate錯体
R/S
RS表記法
RS表示法
RNアーゼ RNase
RNAポリメラーゼ
RoHS
RoHS指令
RKKY相互作用
RDX
アーント・アイシュタート合成
IARC発がん性リスク一覧
アイオライト
I効果 IChO ICP-AES
ICP-MS
アイスラール錠
Isentris
アイソトープアイソマー
アイトロール錠
IUPAC
IUPAC組織名
IUPAC名 IUPAC命名法
IUPAC命名法勧告一覧
アイラックス
アイリング ・ヘンリーアイロクール錠
アインスタイニウム
アヴォガドロ
アメデオ・アヴォガドロ
亜鉛
亜鉛華
亜鉛黄
亜鉛族
亜鉛族元素
亜塩素酸
亜塩素酸ナトリウム
蒼鉛 青葉アルコール
赤血塩
赤チン
アカネ色素
赤堀四郎
赤リン
アガロース
アキシアル
悪臭防止法
ジュリアス・アクセルロッド
アクチオス
アクチダス
アクチニウム
アクチノイド
アクチノイド元素
アクチノン
アクチビン
アクチン
アグファ アグフア
アクリノール
アクリル
アクリルアミド
アクリルアルデヒド
アクリル酸
アクリル酸ニトリル アクリル樹脂
アクリル繊維
アクリルニトリル
アクリロニトリル
アクロレイン
アゴニスト
アコニチン アザン
亜酸化塩素
亜酸化窒素
アジ化水素
アジ化水素酸
アジ化ナトリウム
アジ化鉛
アジ化物
アジ基
アシクロビル
アシクロビンアジスロマイシン
芦田実
亜ジチオン酸
アシッドレッド
アジド アシ-ニトロ基
アシビル
アジピン酸
亜臭素酸
アシュクロフトの擬ポテンシャル
Ashcroftの擬ポテンシャル
亜硝酸
亜硝酸アミル
亜硝酸イオン
亜硝酸イソアミル
亜硝酸イソブチル
亜硝酸イソプロピル
亜硝酸エステル
亜硝酸エチル
亜硝酸塩
亜硝酸カリウム
亜硝酸カルシウム
亜硝酸銀
亜硝酸ナトリウム
亜硝酸バリウム
亜硝酸ブチル亜硝酸プロピル
アシル基
アシロイン縮合
アシロベック
アシロミン
アスコルビン酸
アスタキサンチン
アスタチン
フランシス・アストン
アスパラギン
アスパラギン酸
アスパラギン酸アミノ基転移酵素
アスパラギンシンテターゼ
アスパルテーム
アスピリン
アズレン
アセタール アセチル基
アセチルCoA
アセチルコリン
アセチルコリンエステラーゼ アセチルサリチル酸
アセチルセルロース
アセチレン
アセテート
アセテート繊維
アセトアミド
アセトアミノフェン
アセトアルデヒド
アセトアルデヒドジエチルアセタール
アセトアルデヒド脱水素酵素
アセト酢酸
アセト酢酸エステル合成
アセト酢酸エチル
アセトニトリル
アセトフェノン アセトン
亜セレン酸
亜セレン酸塩
亜セレン酸ナトリウム
アゾ
アゾ化合物
アゾ基
アゾ染料
アゾビスイソブチロニトリル
アゾベンゼン アタクチック
アダパレン
アダマイト
アダマンタン
圧縮率因子
圧電効果
圧力
圧力容器
アデニル酸
アデニル酸シクラーゼ
アデニン アデノシン
アデノシン一リン酸
アデノシン三リン酸
アデノシンデアミナーゼ
アデノシン二リン酸
アトキンス・ピーター
アトミズム
アドリアシンアドリアマイシン
アドレナリン
アトロピン
アトロプ異性
アナ アナログ耐性
アニオン
アニオン重合
アニリン
アニリンパープル
アヌレン
アノード
アノマー
アパティア
アパティアテープ
アピオース
アビジン
Abinitio
アフィニティークロマトグラフィー
アブシジン酸
アブソリュート・ゼロ ウィリアム・アブニー
油脂アフラトキシン
アベロックス
アヘン
阿片
あへん
あへん法 アボガドロ
アメデオ・アボガドロ
アボガドロ数
アボガドロ定数 アボガドロの法則
アポ蛋白
アマトキシン類
アマランス
アマルガム アマンタジン
アミグダリン
アミジン
アミド
アミド結合
アミノアシルtRNAシンセテース
アミノ基
アミノ酸
アミノベンゼン
アミノ末端 アミノ酪酸
アミラーゼ
アミロース
アミロペクチン
アミン
アメジスト
アメリカ化学会
アメリカ規制物質法
アメリシウム
アモキサピン アモキサン
アモルファス
アモルファス金属
アモルファスシリコン
アモルファス半導体
亜ヨウ素酸
荒井宏子
アラキドン酸
Ara-C
AraC アラニン
アラニントランスアミナーゼ
アラビアガム
アラレ石
霰石 アランダム
アリール
アリール基
アリーン冷却管
アリーン冷却器 アリザリン
アリザリンイエローR
アリザリンレーキ
アリザリン・レーキ
アリザリンレッドS
アリムタ
亜硫酸
亜硫酸塩
亜硫酸ガス 亜硫酸ナトリウム
アリル
アリルアミン
アリルアルコール
アリルエーテル
アリルオキシカルボニル基
アリル化合物
アリル基
アリル位 アル=キンディー
アル・ビールーニー
アブー・ライハーン・アル・ビールーニー
アル・ビルニ
アルカリ
アルカリ金属
アルカリ土類金属 アルカリホスファターゼ
アルカリホスファターゼ
アルカリマンガン乾電池
アルカロイド
アルカン
アルキド樹脂
アルギニン
アルギニン酸 アルキル
アルキル基
アルキルグリコシド
アルキルグルコシド
アルキルハライド
アルキルリチウム
アルキレン基
アルギン酸ナトリウム アルキンドゥス
アルケン
アルコール
アルコール酸
アルコールデヒドロゲナーゼ
アルコールランプ
アルコール・ランプ
アルコキシド
アルゴン
アルサン
アルシン
クルト・アルダー
アルデヒド
アルデヒド基 アルデヒドデヒドロゲナーゼ
アルドース
アルドール
アルドール縮合 アルドール反応
アルドステロン
アルニコ
アルニコ磁石
アルファー線Α-アマニチン
Α,α'-アゾイソブチロニトリル
Αカロテン
Α-グルコシダーゼ
アルファスルホ脂肪酸メチルエステル塩
アルファ線
Α線 Αヘリックス
Α崩壊
アルファ崩壊
Α-メチルトリプタミン
Α-リノレン酸
アルファ粒子
Α粒子
アルブミン
アルマイト
アルミ
アルミ合金
アルミナ
アルミニウム
アルミニウム合金
アルミニウム陽極酸化処理技能士
アルミニューム
アルミニュウム
アルラレッド
アルラレッドAC
アレーニウス
アレーン
アレキサンドライト
アレグラ
アレスリン
アレスリンI
アレスリンII
アレニウス
アレニウス・スヴァンテ
アレニウスの式
アレファリン
アレン
アロケイ皮酸
アロステリック効果
アロファルム
アンギオテンシン
アンギオテンシン2 アンギオテンシンII
アンジオテンシン
Angiotensin II
Angiotensin two
アンジオテンシン2
アンジオテンシンII
安全弁
安息香酸
安息香酸デナトニウム
安息香酸Na
アンダーソン局在
アンダーソン法
アンタップ
アンタップR
アンチクリナル
アンチペリプラナー
アンチモニー
アンチモン
安定同位体
アンティモニー
アントシアニン アントラセン
アンドロゲン
アンドロステノン
アントワン式
アンフィ アンフェタミン
アンフラマイド
アンミン
アンモニア
アンモニア水 アンモニウム
アンモニウムイオン
アンモライト


とすごい数ですからね。

君も”分かりやすく”、苦手な化学を克服しよう!


担任:[サッカー]from now on 松田
posted by 学力会 at 21:29| 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短時間で効果が上がる!化学の勉強法(復習法)


今回は、化学の復習方法を説明していきます。



まず、化学の勉強で大事なのは、

[ひらめき]授業で理解できなかったところを復習によって明確にし、チューターに質問してちゃんと理解する

[ひらめき]“問題を解く”プロセスを通じて、化学用語や法則・公式などを“使える形”で定着させる

の2点です!


特に、難関大学の入試では正確な計算力の有無が合否を分けるので、授業の復習を利用して、計算力をつけていきましょう!




では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが、

@授業で扱った例題・問題はノートにも写しておく。
 ⇒時間がないときは、スペースを空けておいて、あとでコピーを貼り付ける
 ⇒用語や公式などは、教科書の何ページに出てきたか記入しておく
 ⇒図は、大きくわかりやすく書いておく

A先生の説明を“理解すること”に集中し、理解の助けになることは余白にどんどんメモ書きしておく
 ⇒演習の解説では、“なぜこのような式を立てるのか” “この式にどんな意味があるのか” が分かるような補足を加える
 ⇒理解できないことがあれば “?” “質問” などと書いてマークしておく
 ⇒先生が強調した部分は、マークしておく


 
続いて復習(15分程度でOK)の方法ですが、

B授業中で取り扱った「用語の意味(定義)」「化学の諸法則や公式」などを見て、理解できないところがあれば “質問” などと書いてマークしておく
チューターに質問する前に、「何が理解できないのか」「どこから理解できないのか」を可能な限りはっきりさせ、具体的に記入しておく

C参考書などで調べて理解できたら、必要な解説をノートに補足記入する
⇒補足記入した内容を、赤い線で囲むなどして目立たせておく

D調べても分からないことはチューター質問して理解し、理解できたことをノートに補足記入する
 ⇒補足記入した内容を、赤い線で囲むなどして目立たせておく

E授業で扱った問題を、ノートや解答を見ずに自力で解きなおしてみる

FEで間違えた問題は、ノートを見直して曖昧になっている理解・知識をチェックする



最後に、週末の復習方法ですが、

Gノートに記入しておいた、”理解できなかった” ところを見直す

HFの問題を解きなおす




いかがだったでしょうか?この方法だとノートを消費するスピードが速くなると思いますが、ノートは余裕を持って(空白をあけて)とっていくことが効率的な学習の基本です。これは全ての科目について言えます!

100円ショップなら3冊セット100円で売っているところもあるので、ノートはケチらずに使ってください!






担任:[サッカー]cope with 松田(松田に対処する)
posted by 学力会 at 15:22| 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする