東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2014年10月14日

適切な参考書と問題集選び

志望校が難関校だからといっても、
必ずしも、難解な問題集や参考書を使えばいいというわけではありません。

また、ベストセラーだからといっても、すべての受験生に対応しているのかというと、そういうわけでは決してありません。

たとえば、単語帳でいえば、Z会の速読英単語は、おそらくいちばん売れている単語集ですが、すべての受験生にこの「長文を読んで、その長文に出てきた単語を覚えよう」という方法が適しているとはかぎりません。
(個人的には良いメソッドだとは思いますが……)

速読英単語 必修編 改訂第5版

速読英単語 必修編 改訂第5版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Z会
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 単行本


むしろ、『ターゲット』のように、頻出単語が独立して羅列されている内容のほうが覚えやすいという生徒も多いですし、『ピーナッツ』のように、数個の単語をまとめて覚えたほうがやりやすいという生徒もいます。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

  • 作者: 宮川 幸久
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本



英単語ピーナツほどおいしいものはない 金メダルコース

英単語ピーナツほどおいしいものはない 金メダルコース

  • 作者: 清水 かつぞー
  • 出版社/メーカー: 南雲堂
  • 発売日: 2011/04
  • メディア: 単行本



食べ物の好き嫌いがあるように、
やはり、学習教材にも向き不向きはあります。

受験生各人のレベルや志向も違いますからね。

ですので、もし参考書や問題集選びで悩んでいる場合は、担任の先生に相談してください。
適切なアドバイスをすることが出来ますよ。


[パスワード]担任:ヒラモト



posted by 学力会 at 21:18| 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューターの使い方〜暗記チェックにも活用しよう!

SRでは、チューターに質問することが特にないから、自習だけして帰ってしまうという学習スタイルの人も見かけるけども、勿体無い!

わからないところを教えてもらうだけではなく、
単語や年号、助動詞の活用など
暗記モノのチェックをしてもらうようにしましょう。

人間の記憶というのは、残念なことに、
よほど特殊な人ではないかぎり、
たった1度では覚えられないようになっています。

覚えては忘れ、忘れては覚えなおし…
これの連続です。

ですので、自分で黙々と紙に印刷された文字をにらみ続けるよりも、人からチェックを受けたほうが印象に残りやすいし、悔しい思いもするし、その反対に嬉しい気分になるかもしれない。
このようなことも含めて、印象に残ったものは記憶の中にセットとして刷り込まれるんですよ。

なので、自分ひとりではなく、人から暗記したのかどうかをチェックしてもらうほうがベター。

だから、チューターを活用しましょう。

「すいません、この時計の針が12になったところで声をかけてください。それまでに、単語300個見直しますから、今日は1から300までチェックしてください」

というように、予約をすると、
締め切り効果に火がつき、
暗記のスピードにも拍車がかかること請け合いですよ。


[パスワード]担任:ヒラモト
posted by 学力会 at 21:17| 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学生と高校生では記憶のメカニズムが違う!?

生徒と面談をしていると、たまにこういう生徒がいます。


「小学生や中学生のころはすごく暗記が得意だったのに、高校生になってから暗記が苦手になった。年をとったから記憶力が下がったんだ。」


実はこれ、
記憶力が下がっているわけではないんです。

小・中学生と高校生では、
記憶のメカニズムが変わったことに気づかずに、

高校生になっても、
小・中学生の時と同じ暗記の仕方をしているから、

暗記が苦手になったと感じているんです。




では、そのメカニズムの違いはというと、
中学生くらいまでは「知識記憶」が発達しています。

この「知識記憶」は論理的なことより、
意味のない文字や絵や音に対して驚異的な記憶力を示します(つまり、“まる暗記”です)

そして、「知識記憶」は中学生の途中くらいから衰え始めます。




そして高校生くらいになると、
「経験記憶」が発達してきます。

この「経験記憶」は、
論理だったことを覚えやすい性質があります。



つまり、
論理や理屈がセットになっている知識でなければ覚えづらくなるわけです。




小・中学生までは通用した“まる暗記”が、
高校では通用しなくなるわけです。

だからこそ、
理解が不十分なことがあればSRでチューターに質問して、
ちゃんと理解したうえで暗記しなければならないんです。




「なぜそのようになるのか」という論理・理屈は、暗記効率を高めるうえでの絶対条件です。

論理・理屈を重視しているかどうかで、
定期テストや大学受験の結果は大きく変わります。



このことを肝に銘じて、普段の授業や自習に取り組んでください。



担任:[サッカー]get in touch with 松田(松田と連絡を取る)
posted by 学力会 at 16:03| 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹の状態で勉強をすると効率が上がる!?

生徒と面談をしていると、たまにこういう生徒がいます。


「部活で疲れて家に帰り、食事を取ると眠くなって寝てしまう・・・。眠さに耐えて勉強をしようとしても、ぜんぜん頭に入りません。[もうやだ〜(悲しい顔)]


部活を頑張るのは素晴らしいことですが、学生の本分である勉強がまともに手につかないようではいけませんよね?


そこで提案したいのが、「勉強の前に、食事をお腹いっぱい摂るな!」ということです。


どういうことかというと、人間にとって「空腹」は生命として危機の状態です。

危機という状態になることで脳細胞の働きは活性化され、脳の記憶力は上昇します。


「まだ少しお腹が空いている」という状態にとどめておけば、学習の効率は上がるということです!

部活で疲れている生徒に限らず、夜の勉強前はあえて腹5〜6分目程度にとどめ、勉強が終わったら残りの分を摂るようにしましょう!



担任:[サッカー]in accordance with 松田(松田に従って)
posted by 学力会 at 15:55| 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期テストで結果を出すための、普段の勉強法


定期テストで結果を出すために必要なことは何だと思いますか?



定期テストに向け、早めの時期から頑張る?
「テスト対策」を効果的に使う?



それも、確かに大事です。
ただ最も必要なのは、『チューターとは?』で説明したように、

@その日のうちの、最低限の復習で(特に英・数!)、理解できない部分を発見し、

ASR来訪時に、チューターに質問して理解し、

B反復して復習(週末は絶対!特に英・数!)することにより理解を定着させていくこと

です!



そのうえで、今回は@の、
理解できない部分を発見するための、

学校の授業でのノート・プリントの記入方法を解説します!





大事なのは、

1)先生の口頭での解説を、集中してもらさずに、ノート・プリントの余白にメモしておく

2)可能な範囲で、「自分の言葉で」、理解できたことの補足説明を加えておく

3)資料集や図説を使う場合は、ノート・プリントに該当ページを記入して、関連付けておく

の3点です!




これをしておけば、

「理解できないことが、何なのか分からない」
という状態を防ぐことができ、

「理解できない部分を発見する」
という復習を効率よく進められ、


さらには、
テスト前に反復して復習する際に、
「暗記しやすい」

と、メリットがとにかくたくさんあります!





それと最後に、
ノート・プリントへの記入のコツですが、

あとで自分で調べて気づいたことや、チューターに質問して理解できたことを補足記入できるように、

@ノートは十分に余白を確保して、記入する(数学なら1問1P!)、

Aプリント(余白があまりない場合)は、ノートの半分にプリントを貼り付けて、余白を確保する

は、ちゃんとやるようにしてください!




担任:[サッカー]cut down 松田(松田を減らす)
posted by 学力会 at 15:50| 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする