東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2012年01月04日

舞姫(現代語訳,あらすじ,解説)


現代文の授業で『舞姫』をやる高校も多いですよね。

『舞姫』は、森鴎外の短編小説で、自身のドイツ留学の経験を下地に描いた作品です。



▼簡単なあらすじ

主人公の太田豊太郎はドイツ留学し、美少女エリスと出会い心惹かれていきます。

そこから、友人たちからの讒言によって免職されます。

その後、復職の目処がたち日本に戻ることになるのですがエリスには伝えられず・・・。

エリスは発狂してしまいます。

エリスはパラノイアと診断されます。

治癒の望みが無いと告げられたエリスに後ろ髪を引かれつつ、主人公の豊太郎は日本に帰国します。



こんな感じです。


より詳しいあらすじ、現代語訳、解説が欲しい人は
テスト対策を請求して受け取ってください。



💡担任アシスタント:山崎



posted by 学力会 at 12:00| テスト対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

「先生、ベスト10に入りました!」

中間テストも、二期制の高校を除けば
ほぼひと段落した感はある。


そろそろテストの結果が返され、
点数を教えてくれる生徒が増えてきたが、

嬉しかったのが、
今まではクラスの中でビリに近かった成績の僕の生徒が、
今回のテストで、クラスのベスト10入りを果たしたこと。


先生、9番ですよ!やりましたよ!


そう得意げに報告してきた
彼の笑顔が嬉しかった。


彼には、高2の3学期までには、
通知表をオール5にしてやるからな!


と言ってあるので、
今後はより一層頑張って欲しいと思うのだが、

僕が彼の担任になって
最初のテスト結果が良かったので、
当たり前だが、
とても嬉しい。


では、彼にはどんな勉強をさせたのかというと、
特別な指導はまったくしていなくて、


1、SRには週4回は来ること
2、こちらが渡したテスト対策プリントをきちんとやること

この2つに尽きる。


あとは、折に触れて
SRで会話をしたりもしていたが、
基本的には、基本的なことを
繰り返しやってもらっただけ。


基本は大事だよな〜と思うと同時に、
勉強の基本の部分を
バカにしないでコツコツと律儀に繰り返せば、
ググッと成績がアップするんだという確信を
彼が再度もたらしてくれた。
ありがとう。


勉強だけではなく、
仕事にしても、楽器やスポーツのトレーニングにしても、
結局は、オーソドックスで基本的なことを
どれだけ愚直に実践したかに尽きるところがあるんだよね。


「たったそれだけですか?
 もっと難しいテクニックがあると思いました。
 本当にこれだけでイイんですか?」


以前、僕は何度か、
インターネットでの小遣い稼ぎのセミナーを催したことがあるんだけれども、
いわゆる「メソッド・コレクター」と呼ばれている人たちに限って、
このようなセリフを言うことが多い。


僕が教えていたのは、ブログのアフィリエイトで、
月々5000円程度だったら、頑張れば誰でも稼げるようになれますよ、
ということがテーマだった。


多くの受講生は、パソコン初心者の専業主婦の方だったが、
中にはITスキルに習熟した人や、
いわゆる2万から3万もする「情報商材」を何冊も購入している
「ノウハウ・コレクター」と呼ばれる人たちも多かった。


お金の稼ぎ方の情報商材を何冊も購入している「ノウハウ・コレクター」の方のほうが、
僕なんかよりも、ずっと知識やメソッドはたくさん知っていると感じた。


だから、僕が
「ブログを作る際は、先にこちらのほうから役立つ情報を提供すること。
 最初は見返りを期待してはいけない。
 そのためには、どういうことをすればいいのかというと………」


と、ブログアフィリエイトに必要な
最低限の心構えやテクニックを話し出すと、
ノウハウコレクターの方は一様に不満気な顔をするんだよね。


理由は、
「そんなこと、もう知っているから」。


でも、彼らは方法は“知っている”かもしれないが、
実践はしていない。


結果を出していないから、
僕の講義にもやってくるわけだ。


しかし、僕の解説があまりにオーソドックスで
あまりに基本的なメソッドなためか、
結局はバカにしてやらずじまい。


その一方で、
僕が教えたことを
パソコンの知識など皆無に近かった主婦のほうが、
習ったことをそのまま実践し、
愚直に実践し続けるため、
結果的にはノウハウコレクターの方々よりも稼いでいる。


この差は、「やる」か「やらない」か、
これに尽きると思うんだよね。


もちろん、効率の良い方法や、
驚くべき目からウロコの手法もあるのかもしれないけれども、
結局は地道にコツコツと続けることが一番なんですよ。


「知ってるけどやらない」な人たちは、
方法を知っていることに満足してしまい、
それでお終いということが多い。


大切なのは、「知る」ことではなく、
その先の「やる」ということなのにね。


「知ってる」と「出来る」とでは大違い。


釣りの方法を知っているのと、
実際に魚を釣ることが違うのと同じだよね。


方法を知っているだけで魚が釣れるのであれば苦労しないって(笑)。


勉強もそうだよね。

覚えていること、
知っていることでも、
いざ問題として出されると
解けないことも多いのではないのかな?


だから、テスト対策問題を
地道にコツコツと解き続けた彼の成績が
急激にアップするのも、当然なんだ。


本当にこれをやるだけでいいのかなぁ?


もしかしたら、僕の生徒も最初は疑心暗鬼だったのかもしれない。


でも、この迷いに打ち勝ち、
学習を続けた彼は偉い!


今回の勉強法で、点が取れるという実感が湧いただろうから、
おそらく、彼は、次のテストは
よりいっそうの確信を持って勉強に臨むことだろう。


期末の結果が今から楽しみだ。


なにしろ、3学期には成績オール5だからね(笑)。

頑張ってもらわないと。



担任:木ハム田
posted by 学力会 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする