東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2009年08月04日

生物新・考える問題100選 (駿台受験シリーズ) は、素晴らしいぞう!!





生物の最難関レベル演習本だあ!!

記述問題向きだあ!!





▼生物新・考える問題100選 (駿台受験シリーズ)
生物新・考える問題100選 (駿台受験シリーズ) -
生物新・考える問題100選 (駿台受験シリーズ) -





 いや〜、参考書って素晴らしいですね〜!!







学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:とにかく生徒が素晴らしい松田
posted by 学力会 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

暗記カードの作り方〜なかなか覚えられない君に〜

今回は暗記カードの有効な作り方、使い方を紹介します。

英単語帳を何回見返しても、なかなか覚えられないことが自分は結構あるんですが、そんな時、効率よく英単語を暗記することのできる一つに暗記カードがあります。

その単語カードの作り方ですが、普通の単語カードより大きめのものを使うことをお勧めします。

なぜ大きい単語カードがいいかというと、単語カードに単語と単語の訳だけでなく、単語にまつわる関連情報を書き加えてほしいからです。

例えばその単語を使った例文や、その単語について気にかかったこと、その単語にまつわるエピソードなど。また、単語について絵にしてしまうのもいいと思います。

なぜこのようにするかというと、単語を暗記するための取っ掛かりを増やしたほうが暗記の効率が上がるからです。

また、どんな単語を単語カードにするかですが、3〜4回反復して単語を暗記してもなかなか頭に残らないような単語のみを厳選してカード化するといいでしょう。

膨大にある単語を全てこの方法でカードにしてしまうとそれだけで疲れてしまいます。英単語に限らず、覚えづらい、頭に残りづらい事だけをカードにするのがコツです。

また、カードに書いてあることを完全に覚えたら、覚えたカードをはずして別に保管しておきましょう。こうすると残ったカードから自分の弱点も分析できます。

この方法は、構文・熟語や英文法などにも当然応用できます。その場合はより多くのことを書き込めるように、さらに大きめ(単行本くらい)の単語カードを使うといいでしょう。

授業や参考書の解説などをどんどん書き込んで、見た目にもわかり易い、自分の頭にインプットしやすいカード作りを目指してください。




学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:サッカーとにかく生徒想いな松田
posted by 学力会 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする