東京学力会の資料請求こちらからできます
(※質問・要望欄に、「ブログを見た」と一言お添えください)

「テスト対策」のみの販売は行なっておりません。
あくまで当予備校の生徒のみを対象とするサービスですので、ご注意ください。

2009年05月07日

横浜国立大学に推薦受験でらくらく合格♪ 穴場大学・学部一覧



横浜国立大学にも、推薦受験で合格しやすい学部・学科があるってご存知?



え?



そんな旨い話があるわけないだろって?




いやいや、ちゃ〜んとあるんです!
下の表をチェックしてみてください!
横浜国立大学.jpg



どうですか?



これだけ人気の大学でも、こんなに合格しやすい、低倍率の学部・学科が存在しているんです。



え?



「そんなこと言っても、自分の高校は偏差値が低いから無理」
だって?



ノンノンノーン!!



推薦入試・AO入試において、高校の偏差値はいっさい関係ございません!!




どんなに低偏差値の生徒でも、東京学力会の「推薦対策講座」で対策すれば、はっきりいってチャンス十分でございます!!




レッツ、トライ!!






学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:とにかく生徒が素晴らしい松田
posted by 学力会 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

記憶の「仕組み」を知って、記憶に強くなろう

記憶は主に、

@インプット
Aメンテナンス
Bアウトプット

の3段階で構成されています。


まずは、「インプット」

インプットは自分の脳がその情報をすんなり受け入れられる、楽しいことやわかり易いことでないとなかなか憶えられません。

つまり、自分が理解しやすい情報なら記憶しやすい訳ですから、とにかく自分のレベルにあった参考書を使うことが効率よく記憶するコツといえます。


次にメンテナンス。

これは一度記憶したことを定着させる段階です。

人は勉強に関わらず、一度しか経験しないことはすぐ忘れてしまいます。それは頭の中で「必要のない情報」と判断してしまうから。
たとえば友達の名前など、自分と関係のある情報は自分の頭の中で何回も想起されますから、必然的に脳はその情報を「重要な情報」と捉えて記憶に残す訳です。

一度覚えたことは1ヶ月のうちになるべく繰り返すことを意識すれば、自然と脳が「重要な情報」と判断して記憶できるでしょう。


最後にアウトプット。

アウトプットのトレーニングをすることで、記憶を定着させることができます。

問題集などを使って、どこがどのように出題されるのか確認しながら記憶を定着させることで、実戦で使える記憶としてグレードアップできます。

英単語帳であれば、ある程度覚えたと思ったら先生にチェックテストをしてもらうか、友達同士で問題を出し合うといいでしょう。



という訳で、記憶のメカニズムを知れば、その仕組みを利用して効率的に記憶することができます。

自分の勉強法にぜひ取り入れてみてください。




学習参考書ソムリエ & 推薦AO入試マイスター:サッカーとにかく生徒想いな松田
posted by 学力会 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする